医師のご紹介

 greetimg2

当院の特徴

drimgお客様の理想に対して、必要な医療を、まじめに、ていねいに、誠実に行っています。また、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。

ご心配事は何でもおっしゃってください、処置に入る前にしっかりとお伺いいたします。

疑問に思ったら何でもお話いただければ、それに対する適切な処置をいたします。料金などのご相談を承っております。お気軽にお申し付けください。

当院で 最も大切にしてるのは、信頼

「先生に任せて良かった。安心です。」と言っていただけるような関係を築いていきたいと考えております。また、当院は予防医療、未病医療に取り組んで参ります。

一人でも多くの方を病気から守りたい。

病気の最善の治療は、早期に発見し病気の芽を潰すことであり、病気を未然に防ぐことであります。私の父は、膵臓癌を患い、48歳という若さで他界しました。

症状が現れてから検査するのでは手遅れになることがあります。未病治療、検診の習慣は、安心に繋がります。ライフスタイルに合わせた内容を、ご提案できれば幸いでございます。

美容、若返り効果、さらに抗がん作用を有する超高濃度ビタミンC点滴療法(25g,50g,75g)を導入。

最新乳癌検査(3Dマンモグラフィー乳腺トモシンセシス、乳房超音波ABVS)を関連クリニックと提携致しました。

また、CT,MRIで検出不可能な5mm以下の超早期癌血液検査を、9月に導入予定です。 

日本一、美容医療と予防医療に真面目に取り組む医師でいます事をここに誓います。

「美と健康の喜びをいつまでも。」

ご一緒に、人生を謳歌していけたらと思います。

最後に、クリニックを開業するにあたり、私を信用して下さるお客様、天国にいる父、誰よりも子供想いの母、医学部支援をしてくれた親戚の皆様、恩師である佐藤俊彦先生、開業を支援してくださった皆様、スタッフの方々、心より感謝します。

2016年6月5日 美山承哲

美山医師の理念について知りたい方はこちら

slideD3

院長プロフィール

院長 美山承哲

略歴

2004年 近畿大学薬学部入学
2008年 近畿大学薬学部中退(4年次) 杏林大学医学部2年次編入学
2011年 ドイツミュンスター大学病院外科臨床留学(心臓血管外科)
2013年 杏林大学医学部卒業 西新井病院勤務(内科、外科、脳神経外科)
2014年 けいゆう病院勤務(麻酔科、救命救急、皮膚科)
2015年 大手美容クリニック勤務(処置、美容)
2016年7月 Vediクリニック 開院 院長就任

所属学会・資格

  • 美容外科学会会員
  • 先進医療学会会員

顧問プロフィール

佐藤俊彦

staffimg

  • 医)DIC 宇都宮セントラルクリニック 理事
  • セントラルメディカル倶楽部 顧問医
  • (株)共生医 学研究所 取締役
  • (株)フリー ル 取締役
  • メディカルリサーチ(株)顧問
  • 米国財団法人 野口医学研究所 理事
  • NPO野口医学研究所 専務理事
  • トーマスジェファーソン大学 客員教授

経歴

1985年 福島県立医科大学卒業、同大学放射線科入局
1987年 日本医科大学 第一病院放射線科助手
1989年 獨協医科大学 放射線科助手
1993年 鷲谷病院 副院長 就任
1995年 (有)ドクターネット(現(株)CMC)代表取締役社長 就任
1997年 宇都宮セントラルクリニック(現(医)DIC)開院
2002年 (株)ドクターネット 代表取締役社長 就任
2011年 (株)ドクターネット 代表取締役社長 退任
2012年10月 野口記念インターナショナル画像診断クリニック 院長就任

ごあいさつ

見えないがんを診つける ~がんの早期発見・治療のために~

画像診断の専門医(放射線科専門医)として、これまで数多くの診断を行い、また患者様と向き合ってきました。

画像診断は患者様の状態・状況によってMRI、PET/CT、超音波、内視鏡などの検査を総合的に行いお互いの検査の弱点を補うことによって、より精度が高い診断が可能です。しかし、画像診断も万能ではありません。

当クリニックは、「見えないがんを診つける」をコンセプトに画像診断によるセカンドオピニオン外来を行うと伴に画像診断検査で発見されないがんを見つけ、予防・治療することを目指しております。

がん治療を諦めない

多くの方からは「手術後の定期検診だけでは不安」と聞きます。また、実際に再発されてから相談にいらっしゃる方もいます。やはり保険診療範囲内の治療で限界があるのは否めません。

当クリニックにいらっしゃる方は、定期検診だけではなく、低分子化フコイダンを中心としたサプリメント療法、免疫療法やその他自費診療による特殊な血液検査を実施することで漠然とした不安から解放され、支障ない日常生活を送っています。

佐藤 俊彦・著書のご紹介

『がんでは死なない!ボケにもならない!』(メタモル出版)

『医療崩壊 回避できず』(デジタルメディスン)

『100歳まで現役で生きる人のシンプルな習慣』(幻冬舎)

『だから放射線科医はおもしろい!』(現代書林)

『臨床家のためのClinical PET』(デジタルメディスン)

『PET検査―痛みのない画像検査で、健康に生きる』(保健同人社)

『福島原発事故「2015年問題」の真実: その危機は、あなたの体内で深く進行している』(現代書林 )

『がん消滅「見えないがん」を見つけて叩く!』(現代書林)

『最先端検査が実現した「超早期乳がん最新治療」』(現代書林)

ボケは止められる!(パブラボ)