予防医療・免疫療法

どんなに健康な人でもがん細胞は毎日3000個以上も発生しています。
そしてそのがん細胞に対して免疫機能が正常に働いて免疫細胞が3000個以上生まれてくるがん細胞を退治しています。
ところがストレスや加齢などの条件が加わることで免疫機能が落ち、免疫細胞ががんに勝てない状況となりがんになるのです。

免疫療法は自身の細胞を培養して体内へ戻す療法です。
健康の保持増進、強く生き生きとした体づくり、がん予防などに最適な療法です。

それぞれの細胞の役割

ナチュラルキラーT細胞 特定の相手を攻撃するT細胞の性質と、異物を見つけたらどんな敵であれ即やっつけるナチュラルキラー細胞の性質を合わせ持つ2面性のある免疫細胞です。
ナチュラルキラー細胞 天然の殺し屋です。常に血液中をパトロールしていてがん細胞やウィルスなどの異物に最前線で攻撃を仕掛けます。
γ・δT細胞 がん化し始めた細胞の変化を鋭く察知し異様な細胞だけを狙い撃ちする敏腕スナイパー
キラーT細胞 がん細胞を自滅させるという頭脳的な攻撃を仕掛けます。
ナイーブT細胞 キラーT細胞やヘルパーT細胞などの様々なT細胞に分化する前の若い細胞です。パワフルで寿命が長くがんに対する高い殺傷力を秘めています。
ヘルパーT細胞 ナイーブT細胞から分化した免疫細胞です。樹状細胞からがん細胞の情報を受けると高い攻撃力を秘めたキラーT細胞を活性化させるサイトカインを分泌しがん細胞を猛攻撃させます。
DC細胞 樹の枝のように長い突起を利用してがん細胞の情報を取り込み、ナイーブT細胞とヘルパーT細胞にがん細胞を伝える司令塔としての重要や役割を示します。