超高濃度ビタミンC点滴

超高濃度ビタミンC 美容点滴のご案内

当院リピート率90%を誇る、アメリカで人気の超高濃度ビタミンC点滴療法。

この点滴療法に美白・美肌・エイジングケア・疲労回復などの効果があります。また、がん治療の代替治療としてアメリカなどで研究されている、最先端のがん治療法でもあります。

副作用がほとんどないことが大きな特徴で、美容でも使用されるようになりました。点滴により超高濃度のビタミンCが短時間に全身に行き渡ることで、細胞の活性化による若返り効果を促進。身体の中から若く、美しくなる最先端のエイジングケア治療です。

次のような方にお勧めします

レモン1200個分のビタミンCを細胞に届ける!(25g投与の場合)

  • 肌荒れやシミができやすい
  • お肌のはり、つやの改善をしたい
  • ニキビができやすい、治りにくい
  • 疲労やストレスが多い
  • 二日酔い・冷え性・肩こり
  • 免疫力を上げたい
  • がん予防・再発予防をしたい
  • 心疾患、冠疾患を予防したい
  • 老化・生活習慣病予防をしたい
  • アトピー・アレルギー体質

タバコを吸われる方は、ニコチンによりビタミンCが破壊されるので、特におすすめです。

 vitaminc_img_02

ビタミンC注射薬は温度に不安定です。

USPは『日本薬局方』の米国版で、医薬品の性状・品質を厳しく定めています。 USP-1079条項で、VCは工場から医療機関に納めるまで2℃から8℃の冷蔵保管が義務づけられています。当院では、唯一アイルランド工場から冷蔵コンテナで日本に輸入しているマイラン社製ビタミンC注射液を使用しています。

経口接種と点滴による違いとは?

ビタミンCは水溶性なので、多く摂っても余剰分は尿として排出されます。ビタミンCの血漿濃度は、およそ400mg/日で飽和すると報告されています。そのため、ビタミンCを大量に経口摂取しても、血中濃度は3mg以上から上がりません。

ところが、直接静脈内にビタミンCを点滴で大量投与すると、経口摂取の数十倍の量が血管内に行き渡ります。こうしてビタミンC血中濃度を高めることにより、ビタミンCを必要とする各器官に直接行き渡らせ、経口摂取とは異なるレベルの作用、各種疾患の予防や、より高い美容・エイジングケア効果が期待できます。妊婦や、喫煙者、ストレスに晒されている人は、ビタミンCが失われやすいのでより積極的にビタミンCを摂取する必要があります。

経口接種と点滴による違い

超高濃度ビタミンC点滴の特長

コラーゲンの生成促進

健康な皮膚や血管、筋肉、骨などを作るのにコラーゲンは欠かせません。ビタミンCは繊維芽細胞の働きを高め、コラーゲンの生成を促進する作用があります。コラーゲン生成を促進することで、肌のハリや弾力を保つことができます(しわ・たるみの防止)

メラニン生成の抑制

肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌を守るためにメラニンが生成されます。これがシミのもとになります。ビタミンCはシミの原因となるメラニン生成を抑制・還元(美白作用)させる働きがあるので、シミの予防、改善をします。

抗酸化作用

ビタミンCは、老化や、心臓病・がんなどの生活習慣病を誘発する活性酸素を抗酸化作用で無毒化します。また、活性酸素から肌を守り、皮脂の分泌を抑制してニキビの予防・改善もします。

疲労回復・抗ストレス効果

ビタミンCは、活性酸素に対する抗酸化作用により疲労の回復を早めます。また、ストレスによりビタミンCが消費されると、活性酸素が体内に貯まりやすくなり、血流が悪くなります。ビタミンCを摂取することでストレスが緩和され、身体への悪影響を抑えることが期待されます。

免疫力向上

ビタミンCはリンパ球の働きを活性化し、抗ウィルス作用のあるインターフェロンを増やします。そして免疫力を向上させ、風邪やウイルスなどによる感染症を予防して健康をつくります。

がん予防作用

ビタミンCは抗酸化作用により、がんの原因となる活性酸素を無毒化します。また、胃がんなどの原因となるニトロソアミンの生成を抑制し、抗がん作用のあるインターフェロンの生産を促すのでがん予防効果があります。

生活習慣病改善効果

ビタミンCは、動脈硬化を促進する過酸化脂質の生成を抑制し、血中コレステロール値を低下させる作用があります。糖尿病の方は、ビタミンCを補給することで血糖値の改善も期待できます。

抗アレルギー作用

ビタミンCの抗ヒスタミン作用により、アレルギー疾患が緩和します。

超高濃度ビタミンC 点滴の料金

投与量 所要時間 費用
25g 60分 15,000円
50g 90分 25,000円
75g 120分 35,000円
G6PD検査
(初回のみ)
5,000円
オプション 効果 追加費用
グルタチオン デトックス 500円
ビタミンB、1.6.12 1,000円
パンテミン酸 ストレス・動脈硬化予防 1,000円
メコバラミン 痛み・しびれ予防 1,000円

 ※パンテミン酸

ビタミンB剤(1を除く)糖分や脂質、たん白質などの代謝にかかわるほか、腸管運動をよくしり、皮膚を正常にたもつ働きをします。便秘症などの方には最適です。

※メコバラミン

肩こりなどの神経痛、 そのほか、味覚障害や臭覚障害、耳鳴り、難聴、眼疾患など各診療科で神経の働きを助けるのに応用されることがあります。週3の使用が理想です。

その他、お体の状態に合わせてオプションメニューのご提案もさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

初めての高濃度ビタミンC点滴の流れ

①診察予約

お電話またはお問い合わせフォームよりご予約ください。

②来院・診察

G6PD血液検査にて適応かどうかを確認します。(初回のみ・5,000円税別)

③処置 

高濃度ビタミンC点滴を受けます。

点滴時間は濃度により異なりますが、最小量で約1時間です。

超高濃度ビタミンC点滴開始前に必要な検査

G6PDクリーニング検査とは、赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。

G6PDは、抗酸化成分の濃度維持に重要な赤血球にある酵素です。

この酵素が遺伝的に欠損していると、超高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こす危険性があります。

この酵素の検査を事前に行い、酵素欠損のある方は超高濃度ビタミンC点滴を受けることができません。

Q&A

ビタミンCを口から飲むのと何が違うのですか?

  • 通常のビタミンCは、水溶性のため、体の中にうまく取り込めません。

    高濃度にビタミンCを保つことが重要です。

    副作用はありますか?

    今のところ報告はございません。

    どのくらいのペースで点滴するのがいいですか?

    ベストは週一回程度です。

    まずは25g点滴を半年間続けましょう。

    体内ではビタミンCをうまく作れません。一定の高濃度を保つことで効果が持続します。

    なかなか通えない場合は自宅で摂取できる、脂溶性のビタミンCのサプリメントをオススメいたします。

    image2

    他の超高濃度ビタミンC点滴との違いはなんですか?

    当院では、無添加マイラン社製を用いております。

    もともとは抗がん剤として、アメリカのメイヨークリニックはじめさまざまな大学で研究が行われ、現在は臨床で抗がん剤として用いられています。

    その副作用として、肌が綺麗になる作用がわかりました。美肌、美白、エイジングケア、免疫力向上、動脈硬化予防として効果が期待されており、美容と健康の万能薬です。

    当院では、点滴療法研究会が推奨している無添加高品質の超高濃度ビタミンCをアイルランドより直接輸送しております。ビタミンCは、鮮度が最も重要であり、厳重に管理しております。